CO2を出さないエネルギーを優先的に!

 12月1日、古いソーラー(太陽熱温水器)を撤去し、

①新しく、ソーラーを取り替え設置する工事と

②焼却兼用風呂釜(灯油でもOK)の設置工事をさせて頂きました。

長年使った「焼却兼用風呂釜」は撤去します。

 ここは、福山市神辺町、T様。

 庭には、四季折々の花を植えておられ、この日は「皇帝ダリア」が咲き誇っていました。とても綺麗で癒されます。

背の高い「皇帝ダリア」

 T様は、燃料「タダ(ゼロ円)」の太陽熱ソーラーをほぼ一年中使っていらっしゃいます。

 ソーラーは、製造工程のプロセスでは、全くのCO2ゼロではありませんが、使う分には、排出ゼロです。

 ソーラーの「湯の温度」の足りない時は、多少の手間はかかりますが、

これまた「タダ(ゼロ円)」の、

裏山から出る「マキ」や落葉、

剪定して出た植木類の残り、

燃焼させて問題の無い家庭ゴミなどでフォローされています。

 灯油でも燃焼可能なので、化石燃料の使用は、全くの「ゼロ」ではありませんが、環境に配慮した、地球に優しい、生活スタイルと言えますね。

化石燃料は、なるべく『使わず』を心掛け。

 私は、夕食時、頂いた「ゆず」を焼酎に入れ、美味しく頂いております。

 ありがとうございました。永いお付き合いを、どうぞ宜しくお願い申し上げます。