環境に優しいのは本当か?「灰色のエコキュート」

 日本の電力事情ですが、原発は解決すべき課題が多くあります。

 従って、日本は化石燃料を燃やして電気を作るウエイトが大きく、CO2排出量のトップ企業と言われているのが大手の電力会社です。

 再生可能エネルギーならまだ、良いのですが、化石燃料を燃やす電気を費やすライフスタイルで本当に良いのでしょうか?

 疑問に思う事があります。

以下、3月3日の日本経済新聞の抜粋です。

  ーーーーーーーーーーーーー

もっとも、EVは排出ガスこそないが、基幹部品の蓄電池の材料であるリチュウムイオンの採掘や精製で大量のCO2を出し、生産段階のCO2排出量はガソリン車の2倍との試算がある。

 化石燃料由来の電気で充電すれば『CO2の塊』である蓄電池を換える必要もある。

 日本は、電源に占める火力発電の比率が世界でも高い。東京都立大学の金村聖志教授は「生産、走行、廃棄まで考えると、日本ではEVよりHVの方がCO2排出量が少ないと指摘する。

 「EV=地球に優しい」という時代は終わった。水素で走るFCVも含め全体のCO2排出をどう減らすか。「灰色のEV」を「緑」に変える競争は始まったばかりだ。

 日本経済新聞 2021/3/3の記事

  ーーーーーーーーーーーー

との記事が掲載されていました。

 ボイラーやガス給湯器をやめて、オール電化にし、エコキュートに替える時、電柱から、20Aの引込線を60Aに替えたり、200Vのブレーカの増設が必要となるので、電気の使用量は、かなり増します。電気温水器と比べれば、エコキュートの方が「エコ」ではありますが、、?

 電化割引等で電気代は、多少抑えられますよね。

 しかし、CO2排出量が多い電気の使用量を増やす事自体、本当にエコと言えるのか?と昨日の日経新聞の記事を見て思ってしまいました。

「灰色のエコキュート」から脱し、『CO2を排出しない電力』を使う「緑色のエコキュート」なら「エコ」なのですが、、、、、、?

皆さんは、いかがお考えでしょうか?