断水時にも、お風呂OK! 助かったよ。

昨日は、尾道市栗原町でのソーラーの設置工事でした。

昨年の豪雨災害で、尾道市、三原市は、長期間断水になりました。多くの、ご家庭が水やお湯が使えない生活を余儀なくされたそうです。市役所をはじめ、日々3箇所を、飲用水と雑用水を確保するためハシゴして廻るのもまた、大変だったそうです。

今日のお客様、M様曰く。「ソーラー(太陽熱温水器)のお陰でお風呂に困らんかったんよ。」との事。停電でも断水でもソーラー(太陽熱温水器)は、タンクにお湯がある限り使えます。夏は、相当熱く(日照にもよりますが70°位まで)沸いています。水で薄める訳ですが、適温にするのにも熱過ぎるくらい沸いているので、ソーラータンクのお湯が少しあればOKだったそうです。給湯機だと水道が来ていないとお湯を供給できません。なんとソーラーで、2週間程度、お風呂のお湯に困る事なく、過ごせた事で、「ソーラーは、絶対、必需品だ。」とおっしゃって頂きました。嬉しいお言葉です。

約25年弱ご使用だった朝日ソーラーが、「そろそろ寿命だから」とCHOFU製作所のソーラーに替えて頂きました。「地球を冷やす事と、危機管理対策としても役に立つ」とお客様のお言葉は、モチベーションUPに繋がります。永く使用出来るモノです。メンテナンス等、これからも心尽くして対応致します。