安心のソーラーの点検、整備

 昨年の5月に長府製作所のソーラーの設置工事をさせて頂いた、福山市本郷町のM様。「設置後、1年が経過したので、点検、整備をして欲しい。」とのご連絡を頂き、早速、対応させて頂きました。

 当たり前ですが、ソーラーは、給湯器の様に、電気の力でヒートポンプを廻したり、ヒーターを熱っしたり、また、化石燃料の燃焼も必要無い「 動力が不要 」な、「 自然循環 」です。

 従って、劣化や消耗し易い部材が少ないので、壊れにくい機器ではありますが、M様曰く→「カラスがよく来るのだが、壊されたりしないのか?」と気にされておられる様でしたので、早速、伺いました。

 点検項目に従って、各項目をチェックしました。

ソーラーの点検項目です。

 全く問題無く「異常」は、ありませんでした。

 パネルのホコリやタンクの汚れ等もキレイに掃除して終了しました。

 ソーラーは、「天候に左右される、過去の給湯器」と言われる人もありますが、その弱点を克服し、今やコントロール可能な、最先端の給湯システムとして進化しています。

 しかし、こちらのM様は、「シンプル イズ ベスト」だとのお考えの持ち主で、

①ソーラーは、お風呂中心。

②ソーラーでフォロー出来ない時のみ、給湯器でとのお考えです。

 M様にとって、『太陽熱温水器の価値』は、利便性よりも、太陽エネルギーの力をダイレクトに実感出来る事と給湯配管もシンプルで、分かりやすい事だそうです。そして、「春、夏、秋」は、重たい灯油缶の運搬や補充も必要無くなると、とても好評を頂いています。

太陽エネルギーの「力」をダイレクトに

 私は、ソーラーの進化を前面に、便利さの訴求ばかりに力を注いでいましたが、使う人が想う『価値観』に、もっと寄り添わなければいけないと感じた一件でした。

 M様とお会い出来て、お話をさせて頂いた事で、新たな気付きと、また、頑張らなくてはと多くのエネルギーを頂けました。ありがたい事です。