別荘にすれば、プレジャーボートがサービスで付いて来ます。

今、尾道市向島町でソーラー(太陽熱温水器)の撤去処分工事の最中です。

瀬戸内海の穏やかな『海』が目の前のお宅です。海を眺めているととても心が落ちつきます。「この様な風光明媚なところに住まいがあれば、年に数回でも、友人や娘や息子、そして孫達を招き、自家栽培の有機野菜などを振る舞いながら、ちょっとしたパーティーを催す事ができたら楽しいだろうなぁ。」とお話をさせて貰いました。今日のお客様は、A様です。いくら景色が良くても、畑の世話や空いた土地の草刈りなど、メンテナンスが大変な事、昨今の台風などの自然災害などを考えると海風対策や浸水対策にも神経を使う事など、良い事ばかりでは無いと教えて頂きました。視野が狭くてごめんなさいという気持ちです。

A様のお子様達は、既に独立され、マイホームも建てていらっしゃるので、現在のこの家の後継は、いないとの事。出来れば、空家バンクにでも登録し、「買って下さる人はいないかなぁ?」とおっしゃられました。この家を売って、ここを出ようとお考えの様です。

因島大橋も眼下に入り、備後灘に浮かぶ、因島、弓削島や横島も見えます。景色は抜群です。

とても良い話を頂きましたが、先立つモノが乏しい私としては、手が出せません。

それならばとA様、「船(プレジャーボート)2台をサービスじゃ。」と逆に営業トークで、責められ、少し心が動いてしまいましたが、冷静に考えると、難しいですよね。

もし、関心ある方がいらっしゃいましたら、Team 朝日エコ 森近迄、ご連絡下さい。現地へご案内します。A様とお話されてみてはと思います。