ソーラー難民撲滅の活動をして行きます。

Team朝日エコの活動範囲は、広島県内は、福山市を中心とした、尾道市、三原市、府中市、世羅町、岡山県は笠岡市、井原市、浅口市、里庄町、矢掛町、倉敷市西部など、『およそ46万世帯』です。

Team 朝日エコの活動範囲のイメージです。

 その内、ソーラーが搭載されている家庭は約3.4%で、約16000世帯弱です。

 マーケットとしては決して大きく無くて、むしろ「小さい」と言えると思います。

 この「3.4%」をどう観るか?です。

また、工事は屋根の上など、高所での作業が主です。難しい熟練技術が必要な工事なので、ソーラー技術者も減少傾向で、人材難ともいえます。

なるべくコストがかからぬ様に、重機や作業車を
使用せずの工事を心掛けています。
それには熟練工事者の技術力が不可欠です。

 だから、ソーラーの仕事を止める業社が増えているのかも知れません。

 しかし、ソーラーに対する顧客ニーズは根強いものがあり、確実に存在しているのにも関わらず、マーケットが小さいが故に、取り扱いの中止やソーラー業務からの撤退が相次いで、ソーラーのメンテナンスや取付け工事が出来る会社自体が、本当に見当たらなくなりました。

 弊社「Team 朝日エコ」は、ソーラー(太陽熱温水器)専門店として、2012年に創業しました。

 「貧乏」育ちで、「知名度」も無い「信用」も無い中、創業してからの数年間は、頑張っても「結果」が出せず、苦しい毎日でしたが、お客様からのご依頼に対応する度に、

「頼める会社が無くなり困っていた。」

「頼める会社があって本当に助かった。」など、、、

 「お喜びの声」を本当に多く頂くようになりました。

 ソーラー(太陽熱温水器)に対応して貰えない

『お困りのご家庭』=『ソーラー難民』

と言われる方々が数多く存在する中、少しづつ認知されつつあるのか、ネット検索を通じて、Team朝日エコのHP(ホームページ)からのメールや直接電話での問い合わせが、少しづつですが増えて来ています。

 ありがたい事です。

ソーラー(太陽熱温水器)は過去のものだとの「声」もある様ですが、今や温度調整や保温、お湯はりなど「最先端の給湯設備」へと進化しています。燃料を燃やさず得られる太陽エネルギーは、枯渇する化石燃料とは違い、「枯渇する事の無いクリーンなエネルギー」です。

「地球温暖化」の原因と見られている二酸化炭素の排出もほとんどありません。

 たった3.4%の小さなマーケットかも知れませんが、そのお客様としっかりと向き合い、お困り事の解決100%に向けて活動していきます。